お別れと旅立ち

今日は愛玩の仲間が引退するというので、お別れ会をかねてみんなで集まった。
c0055871_1992750.jpg

リアル忙しくなるってことでの引退だそうで。寂しいけれど、彼の為には大事なことだ。笑顔で送り出してあげたいと思った。いつかは来るお別れ。そのとき笑顔で「さよなら」を言えたらいいな。最近、そんなことを思う。
「やめるなよ」「もう少し続けようよ」「もっと一緒にいようよ」
もちろんそんな気持ちもあるのだけど。結局はいつかは来る辛い別れを先延ばしにするだけなんだなって。
だからこそ
「さよなら、がんばってね」
って笑顔でお別れしたい。
が、肝心の主役が結局現れず(忙しかったんだろうな)さよならは言えなかった。

そして半裸のさっきーさんから連絡がくる。ついに「新・日本半裸狂会」を設立し、半裸として新たな出発をするのでとのことだ。
半裸もいろいろあって、新たな旅立ちをしようとしてる。前マスターの裸王さんも多忙で低接続になった。そこで一度ギルドを解散してギルマスを辞めたいってことだった。
もしかしたらこのまま半裸は消えてしまうんじゃないかってとても悲しかった。
私が辛いとき、ひとりぼっちだったとき。悲しかったとき。いつも帰る場所だった、あの場所、あの仲間達がバラバラになってしまうなんて。






でも、新たにやりなおそうって、さっきーさんが言ってくれた。いちもにもない。応援する
c0055871_19335741.jpg

新たらしいエンブレムを身につけ半裸にもどる。また、新たな気持ちで再出発だ。さっきーさんが2代目のマスターとなり。日本半裸狂会は続いていく。わたしも何か役にたちたいって思う。

そこで、接続できなかった愛玩のギルメンが入ってきた。よかった。
いろいろお話してお別れを言う。
「さようなら、楽しかったよ」
「ありがとう、僕もです」
顔も合わせたことの人だけど。おそらく一生、接することの無い人だけど。確かに私達は仲間だったんだな、って思う。
[PR]
by tyklin | 2005-10-22 19:09 | RO日誌


<< 24回十字軍祭りレポート(今回... 半ケツを申し渡す >>