うちのばーちゃん語録

兄にせっきーのeRO日記一番乗りされ、マジで凹んだちくりんですこんにちわ。
もう、どうなんだろうね・・・・・・
改めて せっきーさんの人気ぷりにも負けたけど・・・・それを真昼間にチェックしてた あの兄っていったい・・・・

ってわけで無いですが 今日は身内のお話・・・






なかなかうまくフタをあけれない弟にむかって一言・・・・
「知恵とチン○は使うときに出さんね!」

兄の子供の保育園の運動会にいき、曾孫の走る姿を見ながらほれぼれした口調で。
「はぁうちの孫に比べたら よその孫が哀れに見えてくる」

何度言っても おじいちゃんが汚れた靴下を他の洗濯物に混ぜて洗濯機に放り込んでるの発見して
「ほんにあのク○ジジイは 尻からジゴ(内臓のこと)が出るまで言い聞かせんとわからん」

父がトイレに入ってる前の廊下をホウキで掃きながら、中からオナラの音が聞こえ、ホウキでトイレのドアを叩きながら一言・・・・
「口もうるさかっちゃけん 尻くらい静かにせんね!」

でも、自分が人前でオナラをした時は・・・・
「はぁー 健康な、しるしたい ナンマンダブ ナンマンダブ」

近所の人が来て梨が豊作だった時を懐かしみながら。
「あーあん時は豊作やったもんね。あんたのとこの爺さんが死になさった年たい」

兄の初めての男の子が産まれたときに
「うんうん良かもんがぶら下がっとる。おなごば泣かせんごと気をつけな、いけんばい」

おじいちゃんがお風呂場で着替えのパンツがないぞー と叫んでるのを聞いて・・・
「なんで私があんたのシモの世話ばせないかんとね!あんたのシモの世話になったとはもう何十年も昔ばい!」

これ、全部実話です。(;^_^A
まぁ福岡に住んでる人なら聞いたことあるかもだけど。「朝倉(地方)の女はとにかく口のたつ」って言われてます。うちのばーちゃんはその典型でしょうね・・・。
前回の記事のハートマン軍曹並みに口が悪いですw聞いててビックリする様な事を平気で言いますwでも、なんか、その言い出すタイミングとか間が良いのか言われた周りが思わず笑ってしまうんですよ。
だから 我が家でもおばーちゃんは人気者です。とくにおばーちゃんと仲がいいのが兄の奥さん。私の義姉さんですw
義姉さんとおばーちゃんは台所でもいつも一緒に料理とかしてます。そして義姉さんは色々とおばーちゃんから料理の味付けとか習ってるみたいです。
義姉さんは他の県から来た人なので特におばーちゃんの喋る方言と言い回しが楽しいらしく。私なんかは割りと聞きなれたようなおばーちゃんの言い回しでもツボにきてしまい笑いが止まらなくことがしばしばありますw
そんなおばーちゃんと義姉さんのエピソード・・・・

近所の方が亡くなったのでおばーちゃん、義姉さん、私の3人は一緒にお参りに行きました。学校の先生をしてた方らしく(実を言うと私も義姉も会ったことない人)お葬式は自宅ではなく大きな葬祭場でありました。
そして受付でお悔やみの言葉をおばーちゃんが述べながら一言
「はぁー、ほんに先生は人格者じゃったけん。こげな素晴らしかお葬式ばあげなさって。何度でも来ようごとありますばい」
私は割りと平気だったんですが、これには義姉さん、たまらず吹き出してしまい笑いをこらえるのに必死でした。式の間じゅう笑いが止まらない様子で、もってたハンカチでは面積が小さかったので、たまたま持ってたタオルで顔を押さえ泣いている振りをして笑いを堪える始末。
「あの時は本とに死ぬかと思ったよー」と今でも義姉はその時の事を思い出すと笑い出します。うちのばーちゃんは本とに時と場所を選びませんwでも、周りを明るい雰囲気にしてくれる。口は悪いけど面倒見がよい楽しいおばーちゃんです。
ちなみにその時、笑いをこらえて必死にタオルで顔を押さえてる義姉を指差しながら周囲の人に
「うちの嫁も感極まって 泣いとります」と追い討ちをかけ。義姉さんはその場に座り込んで笑い出してしまいましたとさw
[PR]
by tyklin | 2005-10-11 18:40 | リアルな出来事


<< ボスを喰らう! ハートマン先任軍曹 >>