十字軍新聞


ついに十字軍海外派兵か?

汁クラゲ首相エミル参拝問題について沈黙

c0055871_17414100.jpg昨夜未明、十字軍はゲフェン西マップに集結し恒例の第21回十字軍演習を行った。今回の演習先は十字軍初の海中作戦となる沈没船マップにての演習となったが本来地上戦を得意な十字軍(鎧が重い為泳げないはず)が海中にて演習を行うことに海外からの批判は免れない。



c0055871_17414091.jpg
この件について総司令官のメイビル=フォルクゲイン司令官(写真左)は演習と十字軍の海外派兵との関連について「十字軍は平和の軍隊であるので海で作戦を行ったからと言って海外派兵するという事にならない」と詳しくは述べなかった。

しかし外国の政府は「十字軍を海外へ派兵する為の演習でわないのか!」と神経を尖らせている。外国政府がこれほどまでに怒ってるのは汁クラゲ首相のエミルクロニカル参拝問題が背景にあると思われる。多くの国民からも「ROを見捨ててエミルやってるとわ何事だ!」とか「しかもエミルで魔法騎士さんとエッチなチャットばっかしてる」と批判が絶えない。
この日の演習にもいつもは参加するはずの首相は参加せず。その上魔法騎士さんも姿を現さなかった事から。エミル参拝問題について首相が逃げたと思われた。
c0055871_17424519.jpg

それはともかく十字軍は初の海での演習を順調に行ったかに見えたが。途中、彷徨う者に兵士2名が拉致されるという人身事故が発生し、パラディン兵1名が殺害されるという大問題まで発生した。これについてメイビル司令官は「想定の範囲内の出来事です」と多くを語らなかった。






十字軍イズルートにて自爆を敢行

イズルート市の環境問題が悪化か?

c0055871_17464059.jpg
昨夜、沈没船演習を終えた十字軍は普段は平和で静かなイズルートへ帰還し。人ごみでごった返す中GX自爆を敢行するという暴挙にでた。
現在イズルートは演習マップ、低料金カプラさんの実装で大変込み合ってる中でのGX自爆の敢行だけに多くのイズルート市民が周辺環境の悪化を心配している。
イズルートの環境保護団体である「眠れる森」の代表の○百合さん(仮名)は「静かなイズルート市がGX自爆による流血騒ぎで汚染された。イズルート市民は平和と同性愛を愛する市民です。十字軍は早く撤退して欲しい」と語った。
[PR]
by tyklin | 2005-09-10 17:48 | RO日誌


<< 週刊女性ジュウジグン 小さな宝箱 危機一髪!! >>