K

少し気になる人がいます・・・。その人は優しさと温もりを求めているのに
でも人の優しさに素直になれない少し不器用な人。
その人の事を考えている時に、こんな曲が重なってしまいました。
「あはは、心配しなくて平気だよ」って思われるかもだけど
いい曲なので紹介してみます。





週末の大通りを黒猫が歩く
ご自慢の鍵シッポを水平に意気揚々と
その姿から猫は忌み嫌われていた
闇に溶けるその体めがけて石を投げられた
孤独には慣れていた。むしろ望んでいた
誰かを思いやる事なんて わずらわしくて

そんな猫を抱き上げる若い絵描きの腕
「こんばんわ素敵なオチビさん。僕ら、よく似ているね」
腕の中もがいて、必死で引っ掻いて
孤独という名の逃げ道を
走った、走った
生まれて初めての優しさが、温もりが
まだ信じられなくって
どれだけ逃げたって、変わり者はついてきた・・・・

それから猫は絵描きと2度目の冬を過ごす。
絵描きは友達に名前をやった
黒き幸「HOLY NIGHT」
彼のスケッチブックは殆んど黒ずくめ
黒猫も初めての友達に、くっついて甘えたがる日々

貧しい生活に倒れる名付け親
最後の手紙を書くと彼はこう言った
「走って、走って こいつを届けてくれ。夢を見て飛び出した僕の帰りを待つ恋人へ」

「不吉な黒猫の絵なんて売れない。それでも、あんたは俺だけ描いた。
 それ故あんたは冷たくなった・・・。
 手紙は確かに受け取った!」

雪の降る山道を黒猫が走る
今は亡き親友との約束を、その口に咥えて
「見ろよ。悪魔の使者だ」石を投げる子供
「なんとでも呼ぶがいいさ、俺には消えない名前があるから」
HOLY NIGHT・・・
聖なる夜、と呼んでくれた。優しさも温もりも全て詰め込んで呼んでくれた。
「忌み嫌われた俺にも、意味があるとするならば
 この日の為に生まれて来たんだろう。どこまでも走るよ」

彼は辿り着いた。親友の故郷に。
恋人の家まで、あと数キロだ。
走った。転んだ。既に満身創痍だ。
立ち上がる間もなく襲い来る「罵声」と「暴力」

「負けるか俺はHOLY NIGHT!!!」
千切れそうな手足を振り振り、なお走った。
見つけた!この家だ。

手紙を読んだ恋人は
もう動かない猫の名に
アルファベット一つ加えて庭に埋めてやった。
「聖なる騎士(HOLY KNIGHT)」を埋めてやった・・・・


(BUMP OF CHICKEN 「LIVING DEAD」より)
[PR]
by tyklin | 2005-09-08 20:25 | RO日誌


<< 小さな宝箱 危機一髪!! クッ……ヤラ( ゚∀゚ )レタ... >>